土地物件の固定資産税評価額(固定資産税路線価)

固定資産税評価額(固定資産税路線価)とは

固定資産税評価額(固定資産税路線価)は個々の土地の固定資産税評価額を決める際の基準となる価格です。

簡単に言えば固定資産税の税額を決める評価額のことです。

前ページの相続税評価額(相続税路線価)は相続税および贈与税の算定基準となる土地評価額でしたが、固定資産税評価額(固定資産税路線価)は固定資産税の算定基準となる土地評価額で、目的となる税金が違うだけです。

ほんとに役所のすることはややこしいですね。

固定資産税評価額(固定資産税路線価)は公示地価/基準地価の7割程度になります。

ですから固定資産税評価額(固定資産税路線価)を0.7で割り戻せばそれが公示地価の目途ということになります。

注意しなければならないのが公的な指標はそれぞれ公表時期が異なり、公表から時間が経つほど実勢価格から離れていきやすくなります。

特に固定資産税路線価は3年に1度の更新なので、売買価格として参考にする場合は公表時期が近いことも大切です。

 

 

固定資産税評価額(固定資産税路線価)の調べ方

土地の所有者であれば毎年送られてくる固定資産税課税明細書で確認できます。

しかしこれから土地を場合は固定資産税課税明細書は所有者しか手に入らないため、知りたい土地が自己所有ではない場合、固定資産税路線価を使って簡易に求めることが可能です。

資産評価システム研究センターの全国地価マップで固定資産税評価額(固定資産税路線価)を見ることができます。

「資産評価システム研究センターの全国地価マップ」はこちら

固定資産税路線価図には1平方メートルあたりの単価が円単位で表示されています。(相続税路線価は千円単位)

前のページ     次のページ